塩で洗う塩洗顔の方法って、肌にどう良いの?

【塩洗顔の方法】

塩洗顔はその名前の通り、塩で洗顔する方法です。

自宅にある塩をティースプーン1杯程度使用します。
最も簡単な方法は塩を手にとり、濡れた顔にまんべんなくつけていく方法です。だんだんと顔についた水分と馴染み、よく滑るようになります。

そしたら、ぬるま湯ですすぐだけで簡単に完了します。

また、別の方法では、塩を手に取り軽くぬるま湯で溶かしてから顔に広げていく方法です。粒子の大きい塩を使う時は少し溶かしてからの方が使用感が良いです。

 

【塩洗顔の注意点】

・塩洗顔を行う時は強くこすり過ぎないことがポイントです。塩でお肌を傷つけないようにかるくマッサージしてください。

・パッチテストは必ずすること。塩は自然のものですが場合によっては刺激が強すぎてしまうこともありますから、自分のお肌に合っているかを確認してから行いましょう。

・メイク落とし効果はないです。メイクをしている場合はメイク落としをしてから行ってください。

 

【塩洗顔の効果】

塩洗顔を行うことによって、細かい塩の粒子が毛穴に詰まった汚れを排出してくれます。
毛穴の奥から掻きだすような働きをしてくれるので、ピーリング効果が高く感じることができます。

また塩は殺菌作用が強くニキビの予防が期待できます。
角質が気になっている方にもおすすめできます。

その他、血行がよくなり代謝が活発になるのでターンオーバーが活性化される。皮脂の分泌を正常にしてくれる。毛穴の引き締め効果など肌に嬉しい効果が多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です