酵素洗顔はパウダー派?石鹸派?それとも…

酵素洗顔は古くなった角質や余分な皮脂を取り除く効果が高い洗顔方法として有名です。

特に毛穴のケアができる洗顔方法で、その効果が高く、毛穴の黒ずみやニキビ等のお肌のトラブルを予防や改善してくれる効果があります。

酵素洗顔ができる洗顔料はパウダータイプと石けんタイプがあります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、効果は高く使用方法も簡単です。

ただ、石けんタイプよりもパウダータイプの商品のほうが充実しています。

その理由として酵素は水と反応することによってその効果を活性化し、高い洗顔力を発揮します。水と反応させ、効果を活性化させるのには使用の直前に反応させることが一番よいとされています。

パウダータイプだと使用の直前に反応させ、洗顔することが可能になるのでパウダータイプの方が商品充実が高いというわけです。
また、保存料や安定剤なども含まずに品質を保つことができるので敏感肌の方にも使いやすく、選びやすいというメリットもあります。

逆に固形石鹸タイプの商品にもメリットがあり、泡立てやすさがあります。専用のネットや市販品の泡立てネットを使用することによつてパウダータイプの商品よりもきめ細やかな泡立てが可能です。

きめ細やかな泡はお肌を傷つけず、適切な洗顔方法でケアができるので洗顔によってお肌を痛めることがなくなるというわけです。

この他に酵素洗顔とは少し違う、酵素パックなども人気の毛穴のケアができる商品として知られています。

上手に酵素を使用したスキンケア用品を使用して、お肌のメンテナンスを行ってください。

 

酵素が角質や汚れに強い理由とは

 

酵素洗顔や酵素パックができる「酵素」は角質や汚れに強く、お肌のケア方法として人気のある成分です。

酵素の大きな働きとして大きなポイントは、タンパク質の除去にあります。
酵素はタンパク質を分解する力が強く、お肌に溜った汚れを除去してくれます。

お肌の表面にある角質層に貯まる汚れはケラチンと呼ばれるタンパク質を主な成分としています。お肌のターンオーバーが通常通り行われていると、このケラチンは最終的に垢となって剥がれ落ち新たな角質がお肌の内部から生まれ変わって出てくるのが通常です。

ですが、お肌のターンオーバーが何らかの理由で行われていないと、タンパク質を多く含むケラチンは角質層にとどまったままの状態になります。

すると、毛穴が詰まったり、角質が固くなりゴワゴワした状態になり、ニキビや乾燥などの様々な肌トラブルを引き起こす原因になってしまうわけです。

これらを防ぐために、行うのが酵素洗顔です。

タンパク質を主な成分としてお肌にとどまっているケラチンを酵素の力で除去することによって、通常通りのターンオーバーを手助けし、毛穴のケアなどを行うことができます。

また、酵素はタンパク質だけに働きかけるだけではありません。
脂肪にも働きかけてくれるので余分なお肌の上にある脂質も除去してくれますから、脂質がいつまでもお肌にとどまり酸化し毛穴の黒ずみやニキビになるのを防ぐ可能性も防ぎます。

このように、酵素はお肌の角質や汚れに強く、ケアを行うのに最適な成分です。酵素を使った洗顔料などは多くありますから、上手に商品選びをして、お肌の清潔を保ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です