角栓は取らないほうが良い?過剰分泌の可能性も!!

毛穴の詰まりが気になっている人は多いのではないでしょうか。

特に鼻や小鼻の辺りは毛穴が目立ちやすいし、皮脂の分泌も多いので目立ちやすいですよね。

そんな毛穴の皮脂や黒ずみ汚れのケアについて調べてみました。

そもそも角栓とは

角栓は古くなった角質と皮脂が混ざり合ったもので、毛穴につまってなかなかとれないようになってしまいます。

角栓の原因は皮脂が分泌しやすい人で、所謂オイリー肌の人は要注意して毛穴のケアをするようにしないと、すぐに毛穴がつまり白くプツプツと詰まってしまったり、汚れが溜まり過ぎると黒ずみにもなります。

また、お肌にファンデーション等の化粧品の成分に含まれる「油脂」がお肌の上で角質や皮脂と結合し、参加することによって毛穴がつまり角栓に変化してしまいます。

なので、メイクをしっかりと落とし、湯船などにつかり汗を書くことによって洗い残しも汗で流す方法が「油脂」が原因でできる角栓を予防することができます。

洗顔で角栓を落とす方法

指やピンセット等で角栓を押し出したりする人もいますが、それはお肌を傷つける恐れもありますし、アフターケアをしっかりと行わないと余計毛穴が開いてしまいますからお勧めできません。

正しい洗顔方法や良い洗顔料を使用することによって角栓は落とすことができますし、お肌を傷つけることも少ないので洗顔によって角栓を減らしてください。

オススメの洗顔方法や洗顔料

・洗顔の前にホットタオルを使用する
洗顔の前にホットタオルなどで毛穴を十分に開かせます。その後よく泡立てた洗顔料で泡でマッサージする感じでお肌を泡をなじませよく流す

・重曹を使った洗顔方法
手持ちの洗顔料に重曹をひとつまみ程度加えて洗顔をします。重曹のスクラブ効果により角栓が落ちます。

・ピーリング化粧品の使用
ピーリング化粧品は使いすぎには注意ですが、角栓を綺麗にする効果が高いです。使用後は毛穴を引き締める冷却を忘れないようにしましょう。

クレンジングや石鹸の洗浄剤自体が詰まりの原因になることもあるので、しっかり洗い流す事も大事です。
洗い残しが不十分で洗浄剤が残ると、酸化して黒ずみの原因になります。

また、他には無添加のクレンジングや洗顔石鹸もおすすめです。
毛穴を綺麗にする即効性というよりは、毛穴の汚れを溜め込まないことと、皮脂の奪い過ぎを予防して肌の調子を整えるので、乾燥を予防しして乾燥による毛穴の開きの予防にも繋がります。

無添加の肌に優しい毛穴を綺麗にする洗顔ならこちらのサイトもおすすめです。
ネットで人気のクレンジングや洗顔石鹸の中でも特に毛穴に良いものがわかります。

 

角栓の分泌を抑えることはできるのか?

角栓は様々な方法で分泌を抑えることができます。
その方法は食事やお肌のケアなどがあり、どれも複合的に行うことによって効果を発揮します。
また、短期間だけではなく、ある程度続けて行うことによって角栓のないお肌を手に入れることができるのでチャレンジしてみましょう。

【食事からの角栓予防】
・揚げ物は控えめ
アブラっぽい食事は皮脂が分泌されやすくなりますから、控えておきましょう。(揚げ物やポテトチップスなど)

・糖分を含む食べ物を控える
ケーキやチョコレート等の甘い食べ物は皮脂の過剰な分泌を促してしまいます。

・炭水化物も控えめ
炭水化物も元は糖質になります。カラダを維持するためにも炭水化物は必要ですから、ムリのないように控えましょう。とりすぎに注意が必要です。

・ビタミン類を多くとる
ビタミンCやB2・B6は皮脂の分泌を抑えてくれる栄養素ですからサラダなど野菜を積極的に食べるようにしましょう。サプリメントなどでも良いです。
(納豆・レバーや鯖。牛乳や豆腐、バナナなど)
【化粧品からの角栓予防】
・酵素洗顔
酵素の力によって角質にあるタンパク質を分解し予防してくれます。

・毛穴パック
人気の毛穴ケア商品です。即効性も高く安価で利用ができます。使いすぎとアフターケアをしっかりと行うことが注意点です。

・保湿化粧品
保湿をすることによって水分が肌細胞に含まれ毛穴が小さくなります。
【その他の角栓予防】
・運動
適度な運動は、毛穴が開き汗がでて汚れも汗と一緒に流してくれる効果もありますし、血行も良くなり肌のターンオーバーを助けてくれたりと様々な効果があります。

・睡眠
睡眠不足になるとお肌のターンオーバーが遅れ毛穴がつまり角栓につながります。しっかりと睡眠をとりお肌の再生時間をとってあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です