毛穴のボコボコ、角栓を除去どうしてますか?

毛穴に詰まった角栓の処理どうしてます。つまんでニュルッと出すと気分が良かったりしますけど、アレってどうなんでしょう。

毛穴の角栓の処理としてピンセットで抜いている人もいると思いますが、その方法についてや他の角栓の処理方法など、毛穴の角栓問題について調べてみました。

ギュッとつまんで搾り出したりピンセットで角栓抜いても大丈夫!?

角栓を取り除く方法の1つとして、多くの人が行ったことがあるピンセットで引き抜く方法。

1つひとつの角栓を引き抜くのには手間もかかりますが、それが楽しくてやめられない!と思う人もいると思いますし、手っ取り早く角栓がなくなるので良い方法だと考えるかもしれません。

角栓を抜く専用のピンセットも販売されていてインターネットやドラックストアで購入することができます。

ここまでくると、角栓をピンセットで抜くのはいいことのように感じます。

「角栓 ピンセット」などで検索をしてみると、多くの情報があり、やはりピンセットで角栓を抜くことはお肌を痛めたり、傷つけてしまう可能性があるのでやめましょう。という情報もありますし、上手にピンセットで角栓を抜く方法が紹介されていたりします。

実際のところ、どちらが正しいのかというと、ピンセットで角栓を抜くこと自体は悪いことではなく、手っ取り早くケアができる方法として、紹介することができます。

ただ、ピンセットで角栓を抜く時は正しい方法でピンセットを利用し、アフターケアをしっかりと行うことによって角栓をピンセットで抜いても大丈夫だといえます。

ピンセットで抜く時は角栓がスッキリと抜けやすいように蒸しタオルなどでお肌を温めます。そして、お肌に直接ピンセットが触れないようにして角栓だけを上手につまみ出すことが重要です。

ピンセットは先が丸いもののほうが良いのですが、つまみにくいデメリットもあるので使いやすい商品が良いと思います。
そして、取り除いた後のアフターケアとして肌をしっかりと休め、保湿をしてあげることです。

冷やして毛穴を縮める方法も紹介されていますが、まずは保湿が優先です。もちろん、冷却も有効なのですが、保湿を優先的に行い、冷却するようにしてください。

このように、アフターケアや角栓を抜く時に注意をしていれば角栓はピンセットで抜いても大丈夫です。正しい知識をもってやってみましょう。

巷で言われる角栓取る方法色々

・毛穴パック
毛穴パックは殆どの人が使ったことがある毛穴ケア用品だと思います。シートタイプの商品が多く、鼻を濡らして、ペリペリと剥ぐと角栓がたくさん取れる仕組みです。

・オロナイン、オリーブオイルパック後の毛穴パック
オロナインやオリーブオイルで3分程度毛穴の気になる箇所をパックします。その後ぬるま湯で洗い流し、シートタイプの毛穴パックでケアをする方法です。何もしないで毛穴パックをするより、多くの角栓がとれます。

・ピンセットでとる
お肌の上に少し顔を出した角栓やピンセットで少し押し出した角栓をピンセットで引っ張りぬく方法です。スポンっととれる感覚がやめられなくなる人もいるのだとか。

・ピーリングを使う
ピーリングと言っても種類もそれぞれ。スクラブ入のマッサージクリームや消しゴムのカスのようなものが出る商品など様々です。

・酵素洗顔
酵素洗顔は角栓を取るだけではなく、お肌にも優しい洗顔方法です。お肌の調子をととのえるのにも使うことができます。

・クリニックの利用
クリニックによって施術方法は異なりますが、主に光による施術がほとんどです。ラジオ波やレーザーで毛穴を引き締めます。

・冷水での引き締め
洗顔後、冷たい水や氷のうなどで肌を冷やし、毛穴を引き締める方法です。冷やした後しばらくは引き締まっていますが、開きやすいです。何日間も根気よく続けることで効果があります。

・ふき取り化粧水の利用
角栓をふき取り、絡めとる効果がありますが大きくなった角栓を抜くように取り除くには効果が少ないです。小さな角栓予備軍のケア向けです。

無理に角栓を取り除くと毛穴の開きが目立つようになる?

角栓があると化粧ノリが悪くなったり、黒ずみの原因にもなります。

なので早く処理をしようと、むりくり角栓をピンセット等で取り除く事をしますね。
都市伝説化している部分もあるのですが、無理に角栓を取り除くと毛穴の開きが目立つようになる・・・これは本当であり、嘘でもあります。

まず、無理に角栓を取り除くというのは角栓のケア自体が無理に角栓を取り除いています。本来お肌のターンオーバーによって角栓なども排出されるのが通常なのですから、角栓をケアすること自体が無理に角栓を取り除くことです。

しかし、一般的に無理に角栓を取り除くというのはピンセットで抜いたり、シートタイプの毛穴パックなどで角栓を抜くことだと言われます。

ではこの場合どうなのか。ということですが、やり過ぎると毛穴の開きは目立つようになります。また、アフターケアを怠ることによっても毛穴の開きは目立つようになります。

逆に、適度な間隔をあけ角栓を取り除き、アフターケアもしっかりと行うことによって、毛穴の開きは目立ちませんし毛穴も小さくなり角栓もできにくくなります。
つまり、毛穴を無理に抜いても問題はないけれども、適度な間隔をあけ、アフターケアをしっかりと行えば無理に角栓を抜いても毛穴の開きが目立つようになることはないといえます。

年齢や肌質によってお肌の周期はそれぞれですが角栓をケアするのには1週間に1回以上は行わないようにし、アフターケアは保湿を心がけ、冷却も行うことによってより一層の効果が得られます。

角栓は取らないほうが良い?過剰分泌の可能性も!!

毛穴の詰まりが気になっている人は多いのではないでしょうか。

特に鼻や小鼻の辺りは毛穴が目立ちやすいし、皮脂の分泌も多いので目立ちやすいですよね。

そんな毛穴の皮脂や黒ずみ汚れのケアについて調べてみました。

そもそも角栓とは

角栓は古くなった角質と皮脂が混ざり合ったもので、毛穴につまってなかなかとれないようになってしまいます。

角栓の原因は皮脂が分泌しやすい人で、所謂オイリー肌の人は要注意して毛穴のケアをするようにしないと、すぐに毛穴がつまり白くプツプツと詰まってしまったり、汚れが溜まり過ぎると黒ずみにもなります。

また、お肌にファンデーション等の化粧品の成分に含まれる「油脂」がお肌の上で角質や皮脂と結合し、参加することによって毛穴がつまり角栓に変化してしまいます。

なので、メイクをしっかりと落とし、湯船などにつかり汗を書くことによって洗い残しも汗で流す方法が「油脂」が原因でできる角栓を予防することができます。

洗顔で角栓を落とす方法

指やピンセット等で角栓を押し出したりする人もいますが、それはお肌を傷つける恐れもありますし、アフターケアをしっかりと行わないと余計毛穴が開いてしまいますからお勧めできません。

正しい洗顔方法や良い洗顔料を使用することによって角栓は落とすことができますし、お肌を傷つけることも少ないので洗顔によって角栓を減らしてください。

オススメの洗顔方法や洗顔料

・洗顔の前にホットタオルを使用する
洗顔の前にホットタオルなどで毛穴を十分に開かせます。その後よく泡立てた洗顔料で泡でマッサージする感じでお肌を泡をなじませよく流す

・重曹を使った洗顔方法
手持ちの洗顔料に重曹をひとつまみ程度加えて洗顔をします。重曹のスクラブ効果により角栓が落ちます。

・ピーリング化粧品の使用
ピーリング化粧品は使いすぎには注意ですが、角栓を綺麗にする効果が高いです。使用後は毛穴を引き締める冷却を忘れないようにしましょう。

クレンジングや石鹸の洗浄剤自体が詰まりの原因になることもあるので、しっかり洗い流す事も大事です。
洗い残しが不十分で洗浄剤が残ると、酸化して黒ずみの原因になります。

また、他には無添加のクレンジングや洗顔石鹸もおすすめです。
毛穴を綺麗にする即効性というよりは、毛穴の汚れを溜め込まないことと、皮脂の奪い過ぎを予防して肌の調子を整えるので、乾燥を予防しして乾燥による毛穴の開きの予防にも繋がります。

無添加の肌に優しい毛穴を綺麗にする洗顔ならこちらのサイトもおすすめです。
ネットで人気のクレンジングや洗顔石鹸の中でも特に毛穴に良いものがわかります。

 

角栓の分泌を抑えることはできるのか?

角栓は様々な方法で分泌を抑えることができます。
その方法は食事やお肌のケアなどがあり、どれも複合的に行うことによって効果を発揮します。
また、短期間だけではなく、ある程度続けて行うことによって角栓のないお肌を手に入れることができるのでチャレンジしてみましょう。

【食事からの角栓予防】
・揚げ物は控えめ
アブラっぽい食事は皮脂が分泌されやすくなりますから、控えておきましょう。(揚げ物やポテトチップスなど)

・糖分を含む食べ物を控える
ケーキやチョコレート等の甘い食べ物は皮脂の過剰な分泌を促してしまいます。

・炭水化物も控えめ
炭水化物も元は糖質になります。カラダを維持するためにも炭水化物は必要ですから、ムリのないように控えましょう。とりすぎに注意が必要です。

・ビタミン類を多くとる
ビタミンCやB2・B6は皮脂の分泌を抑えてくれる栄養素ですからサラダなど野菜を積極的に食べるようにしましょう。サプリメントなどでも良いです。
(納豆・レバーや鯖。牛乳や豆腐、バナナなど)
【化粧品からの角栓予防】
・酵素洗顔
酵素の力によって角質にあるタンパク質を分解し予防してくれます。

・毛穴パック
人気の毛穴ケア商品です。即効性も高く安価で利用ができます。使いすぎとアフターケアをしっかりと行うことが注意点です。

・保湿化粧品
保湿をすることによって水分が肌細胞に含まれ毛穴が小さくなります。
【その他の角栓予防】
・運動
適度な運動は、毛穴が開き汗がでて汚れも汗と一緒に流してくれる効果もありますし、血行も良くなり肌のターンオーバーを助けてくれたりと様々な効果があります。

・睡眠
睡眠不足になるとお肌のターンオーバーが遅れ毛穴がつまり角栓につながります。しっかりと睡眠をとりお肌の再生時間をとってあげるようにしましょう。

角質が分厚い!ゴワゴワする!ってどういう状態!?

角質が分厚く、ゴワゴワしてしまう・・・それはお肌に角質が貯まって剥がれ落ちていかない状態が長く続いてしまっている状態です。

きちんとケアをしていない「カカト」のような状態が顔のお肌にも起きているということです。
そのまま放置しているとニキビの原因にもなりますし、どんどん角質がかたくなり顔のお肌もカカトのように固くカピカピの状態になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

角質が分厚く、ゴワゴワしてしまっているということはかなり乾燥している状態でもあります。なので、しっかりと保湿をすることが大切なのですが、溜まりに溜った角質はお肌の内部まで化粧水の有効成分を浸透させてくれません。

そこで必要になるスキンケアがピーリングです。
ピーリングを行い、お肌の表面から化粧水の有効成分を積極的に取り入れられる準備をしましょう。

古くなった角質を除去し、毛穴が綺麗な状態に戻してあげる必要があるのです。

固く古くなった角質は1回のピーリングでは簡単に落ちきらないかもしれませんが、ピーリングの頻度は1週間に1回が限界です。
無理に角質を全て除去しようとせず、ピーリングできた部分だけ徐々にケアをしていきましょう。

ピーリングが終わったら、保湿を行い、スキンケアを行います。
これを数ヶ月単位で続けることによって固くゴワゴワになった角質を除去し、通常通りの肌に戻すことができます。

できれば固くゴワゴワした角質に変化する前に、定期的にピーリングを行い、お肌を安定させてあげましょう。

スキンケアのし過ぎが肌を悪くする理由とは

スキンケアはしっかりとして、お肌の清潔に保ちましょう。などと言われますが、スキンケアのしすぎも良くないと言われています。

どこまでがしっかりとしていて、どこからがしすぎなのか、も曖昧なのが美容なのですが、なぜ、スキンケアをしすぎるとよくないのかでしょうか。

まず、スキンケアのしすぎで何がお肌に起こるのかというと、お肌への外的なストレスが加わり過ぎてしまうことがあります。

お肌というのは本来、自分自身で水分を保ったり、炎症を抑える力を持っています。化粧水や乳液、クリームというのはそれを手助けするための補助的な役割を果たすべきものなのです。

しかし、基礎化粧品に頼り過ぎ、当たり前のように毎日スキンケアをしているとお肌は自分でやらなくても良いと思い、サボってしまったり、お肌の本来の力と基礎化粧品のもっている力が合わさって過剰にお肌の機能が動いてしまうことがあります。
赤ちゃんは化粧水や乳液などを使わなくてもツルツルでスベスベなお肌をキープできますね。赤ちゃんや幼児の場合お肌のターンオーバーの周期が短く、基本的な機能がしっかりと動いているためいつでもスベスベです。

年齢を重ねると共に、段々とターンオーバーの周期が長くなったり、お肌本来の力は失われてきますが、あくまでも本来の力は残っていますから、それ以上に手をかけてしまうことが良くないのです。

スキンケアを行う時はお肌の状態をしっかりと見極めその時に必要なケアを必要最低限するようにすることで、スキンケアしすぎによる肌トラブルを減らすことができます。お肌の本来の力を信じてあげましょう。

肌断食って何?

【肌断食とは】
ファスティングダイエットなども流行もあったせいか、お肌も断食をおこないお肌本来の力を戻す「肌断食」という美容法が人気を集めています。

肌断食は、メイクもスキンケアもしないで数日間を過ごすことを言います。その方法は様々な考え方や方法があり、一概にいえないのですが、大本はお肌の本来の力を主に戻すための断食です。

【肌断食の代表的な方法】

1,いきなり全てを止める方法
今日から肌断食!と決めたら、その日を堺に基礎化粧品なども一切止める。使わない方法です。もちろん、メイクもしません。

そして、それを長い時間続けます。所謂「宇津木式」と呼ばれる方法で、メイクも必要であればパウダーファンデーションのみ。で洗顔は純石鹸のみで。乾燥が気になる場合は白ワセリンのみを使用して、何ヶ月も何年も続ける方法です。

2,徐々に辞めていく方法
化粧品の引き算なんて言われることもありますが、少しずつ使う基礎化粧品などを減らしていく方法です。クレンジングをやめて、クリームをやめる。乳液。美容液、化粧水・・・と段々とお肌に使うものを減らしてく方法です。

この方法も「宇津木式」と呼ばれ、上記のいきなり全てをやめる方法と、少しずつやめる方法、両方があります。

3,週末だけ肌断食
週末や仕事が休みの日など外出しなくても良い数日間を利用して肌断食をします。金曜日の夜、仕事から帰ってきたらスタートです。メイクを落とし、洗顔を行います。この時使用する洗顔料は無添加の石鹸がお勧めです。

そして次の日の朝は水のみで洗顔。夕方は無添加洗顔で洗顔。もちろんスキンケアはしません。ノーメイクで過ごします。
次の日も同様に過ごして、月曜日の出勤時にはいつもと同じスキンケアで出社するという方法です。
このように様々な方法がありますから自分がやりやすそうな方法を選んで試してみてくださいね